TOP > GUEST

ゲスト

2018/5/15、2018/5/22放送

写真家 坪井麻衣子さん、霜鳥貴宏さん (熊谷正の美・日本写真)

1975年神奈川県川崎生まれ。1997年小田原女子短期大学幼児教育学科人間科学コース卒業。2000年東京綜合写真専門学校卒業、2003年春まで同校研究室勤務。2002年キャノン写真新世紀佳作。2003年個展ニコンユーナ21【フードル★ドール】1997年より実家の写真館の三陽会館サンヨーフォトスタジオアシスタント勤務。 ...詳しくはこちらへ

2018/5/21放送

声優 駒形友梨さん (いとうかなこの歌声喫茶ラルゴ)

1991年東京都生まれ。声優としてTVアニメ「まんがーる! MANGIRL!」の鳥井あき役やTVアニメ「未確認で進行形」の三峰白雪役、ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」の高山紗代子役など数多くの作品に出演。近年は、声優としてだけではなくTVアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」のオープニングテーマの歌唱やSound Horizonのアルバム&ツアーに参加するなど幅広く活動中! ...詳しくはこちらへ

2018/5/18放送

福祉介護食ジャーナリスト 代居真知子さん  (国弘よう子の『映画ナイト』)

女子栄養大学栄養学部卒業後、執筆家に。幅広い執筆活動の後、現在は福祉全般、特に介護関係を中心に執筆。現場取材を重視し、専門職から利用者までさまざまな立場の声を聞き続けている。また、その取材でえた声を福祉関係者、家族介護をする人、自分たちの老後を考える人に発信。これからの超高齢社会での家族介護や、高齢生活をこなしていくための知識、考え方も提案している。 ...詳しくはこちらへ

2018/5/18放送

長岡日本刀研磨所 刀剣研師 長岡靖昌さん (花の日本橋)

先人が確立した研磨技法を基本として、現代の材料や技術を取り入れた研磨をします。基本理念は「刀の魅力を分かり易く表現する」ことです。勉強してから、古く高額な刀を買う時代では無いと思います。数年も勉強しないと刀が分からないのでは、愛刀家は増えません。刀は誰でも楽しめて、初心者にも易しくなくてはいけません。そして、安価な刀でも魅力ある刀にするのが研師の仕事です。私は軍刀でも、抜刀用でも差別はしません。全ての刀を美しくするのが仕事だと思っています。古刀は古刀、現代刀は現代刀らしく仕上げるように心がけています。私は健全な現代刀もおすすめしています。技術レベルは新刀、新々刀より高い刀匠も増えました。中でも新作は「自分が最初の持ち主」になることでもあります。本当の意味での「守り刀」であり、刀剣文化継承の一翼を担うことでもあります。 ...詳しくはこちらへ

2018/5/17放送

歌人・与謝野晶子研究家 松平盟子さん  (源川瑠々子の星空の歌)

1954年、愛知県生まれ。77年、南山大学国語国文学科卒業。77年、『帆を張る父のやうに』で第23回角川短歌賞、91年、『プラチナ・ブルース』により第1回河野愛子賞を受賞。98~99年、パリにおける与謝野晶子の足跡を研究するため、国際交流基金フェローシップを受けパリ第7大学に留学。歌誌「プチ★モンド」代表。現代歌人協会会員。 ...詳しくはこちらへ

2018/5/6、2018/5/13放送

ピアニスト 山田磨依さん  (林田直樹のカフェ・フィガロ )

1990年東京出身。桐朋学園大学卒業後渡仏、2015年パリ地方音楽院最高課程修了。全日本ピアノオーディション第1位、クロード・カーンコンクール(仏)、大阪国際音楽コンクール等国内外で入賞。 これまでにナイツブリッジ・フィルハーモニー管弦楽団(英)、カポソカ交響楽団(アンゴラ)と共演。2016年より毎年ロンドンでソロリサイタルを開催し、フランスやスペインの国際音楽祭へ出演。献呈作品の初演も行い、最近は国内での精力的な演奏活動も本格化させている。 2017年12月にデビューアルバム『ダマーズ生誕90年によせて』をリリース、レコード芸術誌より“的確かつ繊細な技術と感性との持主”と評され高い評価を受けている。 ...詳しくはこちらへ

2016/11/14、2016/11/21放送

双葉社 大東厚司さん (イラストレーター有本の『創作小料理アリモト』)

1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。出版社の双葉社に入社後、営業部、週刊大衆編集部を経て、現在、第二コミック出版部に所属。ライトノベルレーベルのモンスター文庫や、投稿サイト「エブリスタ」の小説を原作にしたホラーコミックス作品、双葉社ジュニア新書などの編集を担当。 ...詳しくはこちらへ

pagetop