TOP > GUEST

ゲスト

2018/1/18放送

翻訳家・エッセイスト 古屋美登里さん  (源川瑠々子の星空の歌)

神奈川県出身、早稲田大学教育学部卒業。翻訳家、明治大学講師。 おもな訳書に、ダニエル・タメット『ぼくには数字が風景に見える』、リサ・ジェノヴァ『アリスのままで』(ともに講談社)、エドワード・ケアリー『望楼館追想』『アルヴァとイルヴァ』、(ともに文藝春秋)、D・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』『兵士は戦場で何を見たのか』(ともに亜紀書房)、M・L・ステッドマン『海を照らす光』、ラッタウット・ラープチャルーンサップ『観光』(早川書房)など他多数。2016年9月にエドワード・ケアリー『堆塵館』(東京創元社)を刊行。また、倉橋由美子作品復刊推進委員会を立ち上げる。2015年5月には倉橋由美子の単行本未収録エッセイ集『最後の祝宴』(幻戯書房)を監修する。 ...詳しくはこちらへ

2018/1/9、2018/1/16放送

写真家 金城真喜子さん (熊谷正の美・日本写真)

1951年生まれ。青山学院大学文学部日本文学科卒業。日本写真家協会・日本写真協会・日本作家クラブ会員。フォトマスターEX 専門ジャンルはコンストラクテッドフォト 写真のテーマは「花」「記憶の変容」おもな仕事はブックカバー・CDカバー・広告写真・写真講師など。1985年の「Shell」から2014年「Flower Variation」まで個展多数。2010年詩人デビュー。写真集に「オフィーリアの遺言」「永遠のクリスマス」「色彩の悲劇」「Slice of Memories」 ...詳しくはこちらへ

2018/1/15放送

歌手 かなでももこさん (いとうかなこの歌声喫茶ラルゴ)

6月20日生まれ、東京都出身。TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第6話の挿入歌「Can you save my heart?」を担当。「革命機ヴァルヴレイヴ」2ndシーズン4thエンディングテーマ「赤いメモリーズをあなたに」でデビュー。ゲームアプリ「琉球異聞 朱桜の繋」オープニング主題歌「花香鮮夢」を担当。ゲームアプリ「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」主題歌「OSeINS」を担当。「NOeSIS 羽化」主題歌「Damask Rose」憂姫ルートエンディング主題歌「光と闇のドッペル」担当。「NOeSIS 歌う影の戯曲」主題歌「Downfall flowers」第一章ED主題歌「ANTiNOMY」担当。「AnimeJapan 2014」「AnimeJapan 2015」に出演。「KING SUPER LIVE 2015」に出演。しなやかで芯のある歌声と幅広い声域を武器にバラードからメタルロックまで幅広いジャンルの楽曲を歌いこなす歌唱力が持ち味。数々のアーティストからの楽曲提供を受け常に新たな可能性へのチャレンジを続けている。 ...詳しくはこちらへ

2018/1/14放送

メゾソプラノ 脇園彩さん  (林田直樹のカフェ・フィガロ )

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士オペラ専攻修了。在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞・同声会賞受賞。国際コンクール新しい声 2013 セミファイナリスト。2013年10月より文化庁新進芸術家海外研修員として渡伊、パルマ国立音楽院を経て、ミラノ・スカラ座研修所修了。14年ペーザロにて『ランスへの旅』メリベーア侯爵夫人役でイタリアデビュー。スカラ座には同年11月に『ラ・チェネレントラ』(短縮版)のヒロインでデビューし、翌年『セビリアの理髪師』ロジーナ役でも成功を収めた。以降、ヴェローナやボローニャ他イタリア各地の重要な歌劇場や音楽祭に主要な役で出演。17年には『試金石』のヒロイン役でロッシーニ・オペラ・フェスティヴァルにデビューを果たした。イタリアを中心に活動しながら、M.デヴィーア、B.M.カゾーニの各氏に師事し研鑽を積む。世界的に重要な指揮者や演出家らからの信頼も厚く、現在最も注目される若手アーティストのひとりである。 ...詳しくはこちらへ

2018/1/12放送

投扇興"うの花会"主宰 田澤たか子さん、落語家 林家うん平さん (花の日本橋)

投扇興"うの花会"主宰。1985年、染色工房へ入門。1992年、修行を卒え独立。青森 南津軽に工房開設。NHKカルチャースクールなどで講師を務めながら、野山で染料採取、辻が花染めで独自の着物染めあげてまいりました。以後各地ギャラリーで個展数十回。現在は自宅渋谷区と青森の工房を往き来して制作活動を続けております。骨董市に行くのが好きで郷土玩具に出会う機会が多く、その影響で東京おもちゃ美術館の、おもちゃコンサルタント資格を数年前に取得。 ...詳しくはこちらへ

2018/1/5放送

映画評論家・「映画の友」元編集長 土田英一さん  (国弘よう子の『映画ナイト』)

1935年東京生まれで、現在も東京在住。明治学院卒業後、淀川長治氏が編集長だった外国映画専門誌「映画の友」編集部へ入社。1967年編集長に。1968年の「映画の友」解散後、学習研究所社に勤務。音楽雑誌、各種娯楽雑誌・書籍の編集に携わる。その後、劇場用映画「二郎物語」、「パンダ物語」、「大霊界」などの製作に関係し、1998年頃からNHKなどとの共同製作による「クライシス 2050」のハリウッドでの製作に加わる。学習研究社退社後、現在に至る。 ...詳しくはこちらへ

2016/11/14、2016/11/21放送

双葉社 大東厚司さん (イラストレーター有本の『創作小料理アリモト』)

1983年、愛知県生まれ。東京大学文学部卒業。出版社の双葉社に入社後、営業部、週刊大衆編集部を経て、現在、第二コミック出版部に所属。ライトノベルレーベルのモンスター文庫や、投稿サイト「エブリスタ」の小説を原作にしたホラーコミックス作品、双葉社ジュニア新書などの編集を担当。 ...詳しくはこちらへ

pagetop