blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第171回 写真家 遠藤優さん 

更新日:2017/11/21



今夜の『美・日本写真』は、写真家の遠藤優さんをお迎えします。今回は、遠藤さんが使用されているカメラのお話から、デジタルが主流の中、アナログ写真の魅力をお聞きしていきます。また今回ギャラリーに掲載する写真は、ハリアナピンホールとゾーンプレートを使用して撮影した作品を見ながら、その撮影技術についてご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
遠藤優(Yu Endo)
遠藤優(Yu Endo)

1950年 武蔵野生まれ。1970年頃から暗室作業・写真科学を少しかじる。1972年 和紙に惹かれ乳剤を自作・和紙の印画紙を作りプリントをはじめる。1974年 遠藤優(シミズ画廊)・写真作家集団(欅)参加。1976年 遠藤優事務所。1986年 広告企画会社設立に伴い広告写真に専念。2011年 デジタル写真技術研究会『DIGITABLE』会員。2013年 写真職人展(BEE&ROSE)2014年写真アートTOKYO 2014年~参加。








ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。