blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第123回 写真家 土屋勝義さん、新納翔さん 

更新日:2016/12/13



今夜の『美・日本写真』は、先週に引き続き写真家の土屋勝義さんと新納翔さんをお迎えします。今回は、普段お二人が使っているカメラのお話から開催中の写真展「築地ラビリンス~土屋勝義・新納翔二人展」に展示されている作品を撮影されたカメラについてなど…様々なお聞きしました。また、本日ギャラリーに掲載する写真は、写真展の作品から築地をテーマに異なる視点で撮影された作品をご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!!







プロフィール
土屋勝義(Katsuyoshi Tsuchiya)
土屋勝義(Katsuyoshi Tsuchiya)

1963年東京都築地生まれ。1983年東京工芸大学短期大学卒業。六本木スタジオを経て、1986年より篠山紀信氏に師事。1989年独立。2000年「勇き光の戦士たち~つかこうへいの世界~」(ミノルタフォトスペース)他、以降も写真展を開催。写真雑誌や広告、舞台写真などで活躍中。



新納翔(Sho Niiro)
新納翔(Sho Niiro)

1982年横浜生まれ。奈良原一高氏の写真に魅せられ写真家を志す。国内外写真展多数。写真集に「山谷」(ZenFotoGallery)、「AnotherSide」(LibroArte)、「築地0景」(ふげん社)等がある。築地市場は撮影の為に警備員会社に就職し、内側からの視線で2年間撮り続けた。川崎市民ミュージアムや早稲田大学にて講師も務める。500px公式フォトグラファー。



イベント情報

写真展「築地ラビリンス~土屋勝義・新納翔二人展」
生まれも育ちも築地であるコマーシャルフォトグラファー土屋勝義氏と、警備員として働きながら築地市場を撮影してきた若手写真家新納翔氏による二人展です。 作風も世代も異なる二人ですが、「築地」という今まさに都市が形作られ破壊されようとしているこのホットスポットを舞台にとらえた二人の写真は、東京という都市の両面性をみごとに表現しています。 同名写真集を発売するほか、会期中には撮影会やトークイベントも開催します。 みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
日時:2016年12月6日(火)~12月24日(土)
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
住所:〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
営業時間:火-金 12時~19時 / 土12時~17時
定休日:日・月・祝 ※12/23(金・祝)は、オープン!
入場:無料
<関連イベント>
「土屋×新納 撮影会+講評会」
日時:2016年12月10日(土)13時~    撮影会
日時:2016年12月23日(金・祝)14時~  講評会
定員:20名・参加費3,000円
「土屋×新納トークショー」
日時:2016年12月17日(土)14時~ 
定員:40名・参加費ドリンク付1,500円
詳しくはこちら




ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。