blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第144回 写真家 今井孝弘さん 

更新日:2017/05/16



今夜の『美・日本写真』は、写真家の今井孝弘さんをお迎えします。今回は、今井さんが写真を始めたきっかけからベルリンの壁崩壊直後にドイツに行かれた当時のお話についてお聞きしました。また、今回ギャラリーに掲載する写真は、東ヨーロッパの街並みや教会など撮影当時のお話を交えて伺いました。そして、5月20日(土)から東京都写真美術館で開催されるJPS展の情報についてもご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
今井孝弘(Takahiro Imai)
今井孝弘(Takahiro Imai)

1969年群馬県に生まれる。中学生の頃よりカメラに興味を持ち、身の回りの出来事を撮っているうちに、次第と写真表現にも興味が広がる様になる。高校時代は写真部に所属し、数多くのフォトコンテスト入賞を果たす。卒業後に地元の写真館に就職した後、上京して東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)に入学する。在学中にベルリンの壁崩壊をニュース映像で知り、居ても立っても居られず二ヶ月程ベルリンのみならずヨーロッパ各地を撮り歩く。卒業後は、コマーシャルスタジオを経て現在までフリーランスとして、舞台、スポーツ、企業広告、イベント等多岐にわたる活動のかたわら創作活動も展開中。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。





イベント情報

『第42回 2017 JPS展』
<東京展>
日程:2017年5月20日(土)~6月4日(日)
時間:10:00~18:00(木・金曜は 20:00まで)
休館:月曜休館
会場:東京都写真美術館 B1F(恵比寿)
住所:153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
料金:一般 700円/学生・65歳以上 400円/高校生以下無料

『講演会 審査員よもやまばなし』
日程:2017年5月20日(土) 15:00~16:20
講師:熊切圭介、野町和嘉、三好和義、吉野信、菅原隆治(『CAPA』編集長)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名(無料、当日10時より1F受付にて講演会の整理券を配布)
『ワクワク・ドキドキ写真教室』
日時:2017年5月21日(日)10:15~15:00
場所:東京都写真美術館 1Fスタジオ&恵比寿ガーデンプレイス
募集人数:小学生30名(4年生~6年生)と保護者
使用カメラ(フジFinepix JX660)主催者側で用意いたします。
無料(事前申し込みが必要です)
『単焦点レンズを楽しもう!!』
日時:2017年5月27日(土)10:30~15:00
場所:東京都写真美術館 1Fスタジオ&恵比寿ガーデンプレイス
参加費:500円 定員30名(事前申し込みが必要です)
詳しくはこちら



ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。