blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第152回 写真家 小城崇史さん 

更新日:2017/07/11



今夜の『美・日本写真』は、写真家の小城崇史さんをお迎えします。今回は、7月6日(木)から成田空港にあるNAAアートギャラリーにて開催中の写真展「つなぐ音つむぐ人」をテーマにお話をお聞きします。小城さんが写真を始めたきっかけから日本の伝統的な「雅楽」の出会いについてお話を伺いました。また今回ギャラリーに掲載する写真は、写真展に掲載する作品から舞台や衣装の色など…撮影当時のお話を交えてご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!

<ブルーレディオ夏休み特別企画がスタート!>
ブルーレディオの各番組パーソナリティのみなさんがパックマンを題材したスマートフォン専用アプリ「ザカード」に挑戦!4週分の合計得点が最も高いパーソナリティを予想してiTunesカードをゲットしよう!
詳しくはこちら






プロフィール
小城崇史(Takafumi Kojo)
小城崇史(Takafumi Kojo)

1962年東京生まれ。学習院大学・東京綜合写真専門学校卒業後、広告写真制作会社勤務を経て独立。広告・企業広報の写真撮影に携わるかたわら、国内外のプロスポーツ取材、民間航空取材を手がけ、近年はカメラ雑誌別冊編集・制作者の顔を持つ。デジタルカメラやソフトウェアなどの最新事情にも精通し、2年ぶりの単独著書となる「プロの現場から学ぶPhotoshop Lightroom CC/6 RAW現像と管理&補正入門」(技術評論社)が好評発売中。公益社団法人日本写真家協会、一般社団法人日本写真学会、一般社団法人日本スポーツプレス協会会員。





イベント情報

写真展「つなぐ音つむぐ人」
世界最古のオーケストラといわれる雅楽は、日本の宮中に属する人、神社仏閣に仕える人、雅楽専門家などによって演奏されてきましたが、 1873(明治6)年に雅楽に関する制限が解かれ、誰もが演奏することができるようになりました。この雅楽を、日本の文化遺産として 研究・継承活動をおこなっているのが京都にある『いちひめ雅楽会』です。作者は2008年から会の演奏活動に密着し、演奏や舞を通じて雅楽の研究に取り組む 「つむぐ人」の姿を捉えてきました。
日程:2017年7月6日(木)~7月25日(火)
時間:6:00~22:00(最終日15:00終了)
会場:NAAアートギャラリー(成田国際空港第一ターミナルビル本館5F)
詳しくはこちら

書籍情報

『プロの現場から学ぶ Photoshop Lightroom CC/6 RAW現像と管理&補正入門』
本書はプロカメラマンとして第一線で活躍し,カメラ雑誌などへの著述や編集にも関わっている小城崇史氏ならではの実践的なLightroomの解説本です。Lightroomの使い方をすべて解説するのではなく,実際のプロの現場から必要な知識とテクニックをわかりやすく解説していきます。出版:技術評論社 発売:2017年7月7日 価格:2,340円(税別)
詳しくはこちら



ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。