blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

Blue-Radio.comのホームページリニューアル♪ 
新サイトに移行しました!
新サイトはこちら

第218回 写真家 内堀タケシさん 

更新日:2018/10/24



今夜の『美・日本写真』は、写真家の内堀タケシさんをお迎えします。今回は、内堀さんの子供の頃の写真との出会いから水中写真のお話、20歳代の頃に海外を放浪したことなど…様々なお話を伺いました。また、今回ギャラリーに掲載する写真は、写真集「アフガニスタン勇気と笑顔」の中から思い出のある写真を撮影当時のお話を交えてご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
内堀タケシ(Takeshi Uchibori)
内堀タケシ(Takeshi Uchibori)

1955年東京生まれ。「日常」をテーマにルポルタージュを続け、海外取材は65か国に及ぶ。2001年よりアフガニスタンでの取材を毎年続けている。アフリカ、中東、アジアを中心に妊産婦死亡率の問題、児童労働問題にも取り組む。また、写真にまつわる教育にも関わり、貧困、難民問題を小学生から大人まで国際理解教育にも取り組んで全国各地の学校の教育現場で写真展・講演会を行っている。 著書に「ランドセルは海を越えて」ポプラ社、「アフガニスタン勇気と笑顔」国土社、月刊誌、週刊誌等にも寄稿している。公益社団法人日本写真家協会会員。







書籍情報

『写真絵本アフガニスタン 勇気と笑顔』
今なお戦乱がつづいているアフガニスタン。しかし人びとは、さまざまな表情で生きています。その様子を写真で伝える絵本です。写真・文:内堀たけし、出版:国土社、発売:2004年、価格:1,500円(税別)
詳しくはこちら

『ランドセルは海を越えて』
日本では、小学校に入学するときに当たり前に準備するランドセル。6年間苦楽を共にしてきたランドセルを、長い間戦場となって疲弊した国・アフガニスタンに文具と共に贈る活動があります。10年以上、アフガニスタンに通い、その活動も取材し続けているカメラマン・内堀タケシによる写真絵本。写真・文:内堀たけし、出版:ポプラ社、発売:2013年4月、価格:1,400円(税別)
詳しくはこちら

イベント情報

『第22回 写真家達によるチャリティー写真展 ~こどもたちの笑顔を増やそう~』
フォトボランティア・ジャパン基金主催によるチャリティー企画で、今年で22回目を迎えます。写真展会場でプロ写真家の作品を即売し、売上金をNGO,NPO等に寄付をする社会貢献活動を行っています。
<日程>
日時:2018年11月30日(金)~12月2日(日)
会場:MGG光村グラフィック・ギャラリー
住所:東京都品川区大崎1-15-9光村ビル1F
またチャリティーに参加して頂ける写真家も募集中です。
作品募集の締め切りは、2018年11月9日(金)まで
フォトボランティアジャパン基金(Facebook)

ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。