blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2018/09/23

ウェールズ弦楽四重奏団 第1ヴァイオリン 﨑谷直人さん、第2ヴァイオリン 三原久遠さん

ウェールズ弦楽四重奏団 第1ヴァイオリン 﨑谷直人さん、第2ヴァイオリン 三原久遠さん

今夜のお客様は、ウェールズ弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンの﨑谷直人さんと第2ヴァイオリンの三原久遠さんをお迎えします。今回は、8月にフォンテックから発売されたアルバム『ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第16番&第8番』をテーマにお話をお聞きします。これまでの活動やバーゼル音楽院でライナー・シュミット氏(ハーゲン四重奏団)に師事されたことなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!





プロフィール
﨑谷直人(Naoto Sakiya)
﨑谷直人(Naoto Sakiya)

87年生まれ。ケルン音大、パリ音楽院、桐朋学園ソリストディプロマを経て、バーゼル音楽院修了。ノボシビルスク国際コンクール第1位、メニューイン国際コンクール第3位。東京フィル、京都市響、神奈川フィル、バーゼル響、ノボシビルスク・フィル等と共演。また、東京フィル、九州響、読売日響などにゲスト首席、コンマスに招かれる。宮崎国際音楽祭、軽井沢八月祭、王子ホールMAROカンパニー、シュヴェツィンゲンSWR等、国内外の演奏会に出演。原田幸一郎、ジェラール・プーレ、ロラン・ドガレイユ、ダニエル・ゼペックの各氏に師事。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団 ソロ・コンサートマスター。06年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。





三原久遠(Hisao Mihara)
三原久遠(Hisao Mihara)

89年生まれ。桐朋学園大学を経て、バーゼル音楽院修了。プロジェクトQ、小澤征爾音楽塾、若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」に参加。イヴリー・ギトリス、コリヤ・ブラッハー、ダニエル・ゲーデのマスタークラスを受講。ヴァイオリンを青木晶央、茂木佳子、澤和樹、木野雅之、藤原浜雄、室内楽を東京クヮルテット、原田幸一郎、今井信子、原田禎夫、毛利伯郎、指揮を高関健の各氏に師事。現在、東京都交響楽団 ヴァイオリン奏者。09年ウェールズ弦楽四重奏団に加入。





ウェールズ弦楽四重奏団
ウェールズ弦楽四重奏団

2008年ミュンヘンARD国際音楽コンクール第3位。東京クヮルテット以来38年ぶりの入賞を果たす。2012年バーゼル音楽院修了後、拠点を日本に移す。東京・春・音楽祭、Hakuju Hall、紀尾井ホール、王子ホール、水戸芸術館等から招かれる。NHK「ベストオブクラシック」、「クラシック倶楽部」、「名曲アルバム」にも出演。2017年より大分・iichiko総合文化センターでベートーヴェン全曲演奏シリーズがスタート。さらに全曲録音プロジェクトがfontecで進行中。2016年神奈川フィル、2017年には名古屋フィルにソリストとして招かれ協奏曲を好演。プレスラー、小林道夫、ロマノフスキー、ストルツマン、メイエ、宮田大(チェロ)等と共演。2019年秋からは第一生命ホールにてベートーヴェン全曲演奏シリーズがスタートする。








公演情報

公演情報

『宮田大 チェロ・コンサート with ウェールズ弦楽四重奏団』
日時:2018年10月27日(土) 開演 14:00
会場:軽井沢大賀ホール(長野)
出演:宮田大(チェロ)、ウェールズ弦楽四重奏団
詳しくはこちら
『クァルテット・ウィークエンド』
日時:2018年11月24日(土)開演14:00
会場:第一生命ホール(東京)
出演:ウェールズ弦楽四重奏団
詳しくはこちら
『ウェールズ弦楽四重奏団 -弦楽四重奏の名曲を聴く- 』
日時:2018年11月25日(日)開演 14:00
会場:逗子文化プラザホール(神奈川)
出演:ウェールズ弦楽四重奏団
詳しくはこちら

CD情報

『ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第16番&第8番』
第2番&第12番を収録し、「純度の高い響きによる思索的な演奏」という高い評価を得た第1集。本作は、最後の作品番号を有し<精神の開放>へと向かう第16 番、そして色濃い情熱に満ちた中期様式による第8番を収録。音楽の高みに畏敬の念を持ちながら、しかし臆することなく、作品の内面に迫ろうとするウェールズのアプローチ。精細な演奏からは、音楽そのものが立ち昇ります。レーベル:フォンテック 発売:2018年8月8日 価格:¥2,800円(税別)
詳しくはこちら

『ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第2番&第12番』
2015年リリースのデビューCDが“重層的なハーモニーと清廉な響きの幸福な邂逅”と高く評価されたウェールズ弦楽四重奏団。結成10周年を迎えた彼らの新プロジェクトは<ベートーヴェン弦楽四重奏曲 全曲録音>。すべての弦楽四重奏団が目指す“最高峰”へ、等身大の彼らは正面から対峙します。発売:フォンテック 発売:2017年7月12日 価格:¥2,800円(税別)
詳しくはこちら



BGM
『弦楽四重奏曲 第12番 変ホ長調 作品127 第1楽章 より』
『弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 作品18-2 第4楽章』
作曲:ベートーヴェン
演奏:ウェールズ弦楽四重奏団


音源提供: フォンテック
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop