blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2018/03/25

ピアニスト パスカル・ドゥヴァイヨンさん、村田理夏子さん

ピアニスト パスカル・ドゥヴァイヨンさん、村田理夏子さん

今夜のお客様は、ピアニストのパスカル・ドゥヴァイヨンさんと村田理夏子さんをお迎えします。今回は、5月20日(日)に浜離宮朝日ホールにて開催されるコンサート『ラヴェル~音楽の魔術師』をテーマにお話をお聞きします。フランスの作曲家・ラヴェルの魅力から林田さんが疑問に思っていたことなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!





プロフィール
パスカル・ドゥヴァイヨン(Pascal Devoyon)
パスカル・ドゥヴァイヨン(Pascal Devoyon)

数々の国際コンクール入賞に加え、1978年のチャイコフスキー国際コンクールでは、フランス人ピアニストと して過去最高位となる第2位を獲得。レパートリーは多彩で幅広く、アメリカ、日本、ヨーロッパでの演奏会は いずれも絶賛を博す。近年では夫人である村田理夏子とピアノデュオを組み、本格的に活動を開始。 リリースしたCDは「レコード芸術」誌にて特選盤に選ばれる。パリ国立高等音楽院教授を経て、現在ベルリン芸術大学教授、英国王立音楽院(ロイヤルアカデミー)客員教授、桐朋学園大学特任教授、Music Alp 夏期国際音楽アカデミー芸術監督を務める。核心をついた丁寧かつ熱心な指導法には定評があり、教えを乞う者が後を絶たない。2003年より2011年まではドミニク・メルレ氏の後任として、ジュネーヴ 音楽院教授も務めた。 2001年フランス政府よりフランス芸術文化勲章“シュヴァリエ”を、2014年ロイヤルアカデミーより名誉会員称号 をそれぞれ受章。コンサートイマジン所属アーティスト。





村田 理夏子(Rikako Murata)
村田 理夏子(Rikako Murata)

東京藝術大学卒業後、ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてベルリン芸術大学に留学、パスカル・ドゥヴァイヨンに師事。以後 Nafög財団、ローム・ミュージックファンデ-ション、ヒンデミット財団各奨学生として研鑽を積み、2000年同大学を満場一致の最高点の首席にて卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。マリア・カナルス国際コンクール入賞、ポルト国際ピアノ・コンクール第3位など数々の成功をおさめ演奏活動は多岐に及び、ベルリン・フィルハーモニーホールにおける公演は今年で25回目となる。現在ベルリン芸術大学及びフランスのMusicAlp夏期国際音楽アカデミー講師をつとめ、日本ではMessageFromBerlinと題したプライベートレッスンシリーズや新企画“ドゥヴァイヨンヴィレッジ”が大好評を博している。 近年パスカルドゥヴァイヨンとデュオ活動を本格化。リリースしたCDはレコード芸術特薦版に選ばれる。 中川裕子、矢部民、高良芳枝、H.C=ステファンスカ、浜口奈々、P.ドゥヴァイヨンほか各氏に師事。コンサートイマジン所属アーティスト。





公演情報


イベント情報

『ラヴェル~音楽の魔術師』
日程:2018年5月20日(日)
時間:第一公演 15:00開演、第二公演 18:15開演
会場:浜離宮朝日ホール
出演:パスカル・ドゥヴァイヨン(ピアノ)、村田理夏子(ピアノ)、玉井菜採(ヴァイオリン)、中木健二(チェロ)
詳しくはこちら

CD情報

『編曲の名手たち(作曲家自身の編曲による)』
近代フランスの名高い管弦楽曲を、作曲者自身が2台ピアノ用に編曲したものを収録。もう少し演奏に響きの整理があればとも思うが、単なるオケの代用ではなく、これはこれで独立した作品として十分楽しめる。ことにラヴェルは抜群にピアノとの相性がいい。発売日:2010年4月23日 価格:2,900円(税別)
詳しくはこちら

『~リストそして悪魔~』
妄想やら情念やら渦巻いて行方知れずうねりゆくリストの大作、オケの色彩あってこそと思ったが、2台のピアノ版の響きは意外にスッキリと見通しがよく、各楽章の音の仕掛けの違いが透けて曲の姿をむしろくっきりと浮かび上がらせる。ことさらな身振りを作らぬ明晰でシャープな演奏が出色なのだ。発売日:2011年5月21日 価格:2,900円(税別)
詳しくはこちら





BGM
『スペイン狂詩曲 より 第4番 「祭り」』
作曲:ラヴェル
演奏:パスカル・ドゥヴァイヨン(ピアノ)、村田理夏子(ピアノ)
『ヴァイオリン・ソナタ 第2楽章「ブルース」』
作曲:ラヴェル
演奏:パスカル・ドゥヴァイヨン (ピアノ), カン・ドンスク (ヴァイオリン)


音源提供: Regulus ナクソスミュージックライブラリー
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop