blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 国弘よう子の『映画ナイト』

Blue-Radio.comのホームページリニューアル♪ 
新サイトに移行しました!
新サイトはこちら

国弘よう子の『映画ナイト』

映画「愛の病」 監督 吉田浩太さん 

更新日:2017/12/22



今週の映画ナイトは、来年2018年1月6日(土)からシネマート新宿にて公開される映画「愛の病」監督 の吉田浩太さんをお迎えします。実際に起こった事件をベースに作品作りを進める難しさや、初主演を飾る瀬戸さおりさんの演技作りの様子などをお聞きしました。そしてヴィンテージシネマのコーナーでは、映画監督を目指し今に至るまでの体験談を含め、自身の作品作りにも影響しているという1979年に公開された「赫い髪の女」についてもお話をしていただきました!







プロフィール
吉田浩太(Kouta Yoshida)
吉田浩太(Kouta Yoshida)

1978年8月28日生まれ。東京都出身。シャイカー所属。2006年『お姉ちゃん、弟といく』で、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭受賞。その後、江口のり子主演、染谷将太主演の『ユリ子のアロマ』(10)で劇映画デビュー。2011年8月、『ソーローなんてくだらない』が公開。レイトショーにもかかわらず、口コミが広がり、1週間で500人を動員。イギリス・レインダンス映画祭のベストインターナショナル部門のコンペ作品に選出された。今まで制作した作品は国内外で高い評価を得ている。代表作は『うそつきパラドクス』(13)、『女の穴』(14)、『スキマスキ』(15)、『好きでもないくせに』(16)など。











コーナー
■ シネマ・とっておき♡
国弘よう子が独自の視点で、毎週新作映画情報と見どろこをご紹介していきます!
■ ヴィンテージ・シネマ
古きなかに新しきモノあり!名画や思い出の映画など、古き良き過去の映画作品のすばらしさを語らいます。
■ さよならさよなら、こんにちは!
淀川イズムの継承企画!「ねずみ小僧」105号まで連載していた、淀川長治さんの名言集を思い出話と共に振り返ります。


BGM
番組テーマ曲
オープニング: 星の輝く夜だから / ケイ・グラント
エンディング:朝に…/ ケイ・グラント
 
ケイ・グラント
楽曲提供 :サウストゥノースレコーズ

「Best of my Love」
ピアノ:神尾 憲一
番組プロフィール

映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!


パーソナリティー

国弘よう子 国弘よう子
FM 東京のクラシック番組「音楽の森」のパーソナリティとして14年間、山本直純氏、故・立川澄人氏や、羽田健太郎氏とコンビを組んで好評を博した。TBSラジオ「今夜もセレナーデ」NHKラジオ第二「定時制に学ぶ」出演およびテキスト執筆。テレビ埼玉「とっておき午後」「よう子のシネマの時間」など。また、音楽の友「ロケハン」角川「バラエティ」双葉社「Mr.アクション」執筆。内外タイムス映画欄など東京中日スポーツ「シネマプロムナード」、WEB「シネマ銀河」の映画評論を担当。また、クラシックの司会や淀川長治映画サロンの構成など多数。日本映画批評家大賞選考委員、日本映画ペンクラブ会員。