blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 国弘よう子の『映画ナイト』

国弘よう子の『映画ナイト』

田辺・弁慶映画祭セレクション2018 特集!後半 

更新日:2018/04/27



今週の「映画ナイト」は、先週に引き続き5月12日(土)から6月1日(金)までテアトル新宿にて上映される「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」を特集します!2週目の今回は、映画「戻る場所はもうない」監督の笹井歳春さん、映画「ラストラブレター」監督の森田博之さん、映画「みつこと宇宙こぶ」監督の竹内里紗さんをお迎えしました。作品の見どころや、映画監督を目指すきっかけとなった作品についてもお聞きしました!







プロフィール
笹井歳春(Toshiharu Sasai)
笹井歳春(Toshiharu Sasai)

1980年千葉県流山市出身。システムエンジニアとして働きながら映画を作り続け、 国内外の映画祭で入選、受賞を果たしている。現在は長編映画の制作に取り組ん でいる。 受賞歴 『マージナル』 「福岡インディペンデント映画祭 2012」60分部門グランプリ、主演女優賞 他 『世界』 「福井映画祭 2013」入選 「福岡インディペンデント映画祭 2015」優秀賞 他 『戻る場所はもうない』 第 40 回「クレルモン・フェラン国際短編映画祭」入選 他。





森田博之(Hiroyuki Morita)
森田博之(Hiroyuki Morita)

1984年埼玉県出身。埼玉県立芸術総合高校在学中に映画制作を始める。日本 映画学校( 現日本映画大学 )卒業後、演出部として劇場用映画に参加。SFを用 いた世界観の作品制作を続けている。 受賞歴 『カラガラ』第6回 田辺・弁慶映画祭入選 『 永井家の彗星 /COMETS』水戸短編映像祭入選・札幌国際短編映画祭ジャパン・オフシアター部門選出。





竹内里紗(Risa Takeuchi)
竹内里紗(Risa Takeuchi)

1991年生まれ、神奈川県出身。立教大学で映画を学び、処女長編『みちていく』 ( 2014)が劇場公開。東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作として本作を監督。受賞歴 「みつこと宇宙こぶ」第 18 回 TAMA NEW WAVE ノミネート 「みちていく」第 15 回 TAMA NEW WAVE グランプリ・主演女優賞 第 13回うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテスト 大賞





イベント情報

「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」初日トークショー
【登壇者(予定)】
武井佑吏監督、笹井歳春監督、加藤悦生監督、森田博之監督、竹内里紗監督
MC:松崎まこと(映画活動家、放送作家) 松崎健夫(映画評論家)
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
昨年の第11回弁慶映画祭各受賞作品を一挙に上映!2018年も開催が決定致しました!
チケットの販売につきましては、下記詳細をご確認ください。
【日時・上映作品】
5/12(土)~5/18(金)武井佑吏監督「赤色彗星倶楽部」
5/19(土)~5/22(火)笹井歳春監督「戻る場所はもうない」
5/23(水)~5/24(木)加藤悦生監督「三尺魂」
5/25(金)~5/28(月)森田博之監督「ラストラブレター」併映:新作短編『世界で一番最後の魔法』
※連日上映5/29(火)~6/1(金)竹内里紗監督「みつこと宇宙こぶ」
併映:『感光以前』『FOLLOW』『渦』『みちていく』『ハズレときどき恋』※日替わりにて上映
【料金】
一般・大専 1300円 水曜サービスデイ 1100円
※キネマ旬報社・映画検定1~4級の方、証明書持参で1100円。
田辺・弁慶映画祭セレクション2018 | テアトル新宿
田辺・弁慶映画祭 オフィシャルサイト



コーナー
■ シネマ・とっておき♡
国弘よう子が独自の視点で、毎週新作映画情報と見どろこをご紹介していきます!
■ ヴィンテージ・シネマ
古きなかに新しきモノあり!名画や思い出の映画など、古き良き過去の映画作品のすばらしさを語らいます。
■ さよならさよなら、こんにちは!
淀川イズムの継承企画!「ねずみ小僧」105号まで連載していた、淀川長治さんの名言集を思い出話と共に振り返ります。


BGM
番組テーマ曲
オープニング: 星の輝く夜だから / ケイ・グラント
エンディング:朝に…/ ケイ・グラント
 
ケイ・グラント
楽曲提供 :サウストゥノースレコーズ

「Kids Return Meet Again」
番組プロフィール

映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!


パーソナリティー

国弘よう子 国弘よう子
FM 東京のクラシック番組「音楽の森」のパーソナリティとして14年間、山本直純氏、故・立川澄人氏や、羽田健太郎氏とコンビを組んで好評を博した。TBSラジオ「今夜もセレナーデ」NHKラジオ第二「定時制に学ぶ」出演およびテキスト執筆。テレビ埼玉「とっておき午後」「よう子のシネマの時間」など。また、音楽の友「ロケハン」角川「バラエティ」双葉社「Mr.アクション」執筆。内外タイムス映画欄など東京中日スポーツ「シネマプロムナード」、WEB「シネマ銀河」の映画評論を担当。また、クラシックの司会や淀川長治映画サロンの構成など多数。日本映画批評家大賞選考委員、日本映画ペンクラブ会員。